中津川市苗木城山の歯科医院しろやま歯科

ご予約はお電話で

0573-67-7777

8:30-12:30 / 14:00-18:00

休診日:木曜・日曜・祝日
木曜日は休診の場合あり

診療のご案内

しろやま歯科の 虫歯治療

「痛くなってから
歯医者に行けばいい」

とお考えではありませんか?

「虫歯は痛い」というイメージをお持ちの方は少なくないと思います。
しかし、虫歯が痛くなるのは、ある程度症状が進行してからで、初期の虫歯はほとんどが無症状です。
そのため、初期むし歯はご自身で発見する事が難しく、知らないうちに症状が進行してしまうケースが少なくありません。
虫歯の進行を防ぐためには、定期的に歯科医院を受診し、チェックを受けることが大変重要です。
当院では、初期虫歯をきちんと発見するために、様々な角度から診断をおこなっています。

しろやま歯科の虫歯治療の特徴

歯科医師の経験×客観的なデータ
による診断
で、
初期虫歯の発見に努めています。

option

オゾン治療(自費治療)

削る量を最小限に減らすことのできる、「オゾン治療」もご提供しています。
痛みは全くなく、治療時間も短いので、小さなお子様からご高齢の方まで、
全ての方に治療可能です。(当院では小学生以下のお子様への治療はおこなっておりません)

  • 歯の表面のエナメル質にできた軽いむし歯を殺菌し、歯の再石灰化を促進することで自然治癒させることができます。
  • 重度のむし歯で神経を除去した後、空洞になった根管内に残る最近を除去し、むし歯の再発を防止します。
  • マウスピースを使用して細菌を殺菌することで、むし歯を予防・抑制することができます。
  • 血管を広げて、血管の流れを促進する効果があるため、口内炎などのお口の粘膜の治療効果も期待できます。

虫歯治療について

虫歯(う蝕)は、ミュータンス菌に代表される虫歯菌が歯に付着することで始まります。
ミュータンス菌は、他の菌が付着しやすい足場を作ると同時に、食物中に含まれる糖質を分解して酸を産生します。
この酸によって歯が溶けていく(脱灰)病気が虫歯です。

虫歯の進行具合に合わせて、的確な治療をおこないます

歯ブラシのイラスト

歯を削らなくても治療が可能です

下線

エナメル質内にとどまる虫歯のイラスト

C1

エナメル質内にとどまる虫歯です。
フッ素塗布やフッ素含有歯みがき剤の使用により、歯の再石灰化が望める状態であれば、歯を削らなくても治療が可能な段階の虫歯です。

治療道具のイラスト

歯を削り、詰め物で治療をします。
浅い虫歯であれば麻酔は不要です

下線

象牙質に達した虫歯のイラスト

C2

象牙質に達した達した虫歯です。虫歯が浅い場合は無症状ですが、深くなると「しみる・痛い」などの症状が出ます。どちらの場合も歯を削る治療が必要です。
浅い場合は麻酔が不要なケースもあります。虫歯部分を削り取り、樹脂や金属などの詰め物をして修復します。

コンポジットレジン充填

虫歯部分を削り、白い樹脂の詰め物(コンポジットレジン)を詰めて修復します。
当院で使用する詰め物は、青色の光を照射することで、十分な硬さまで硬化させます。
基本的には1回で終了する治療ですが、深いむし歯の場合で、治療後の痛みが残る場合は、神経を除去する治療が必要になることもあります。

インレー修復

インレーとは、歯型をとって作成する歯の詰め方のことです。大きな虫歯、力のかかる歯の虫歯の場合にこの方法で治療します。
原則として、歯の神経が生きているは(生活歯)に対して行います。保険治療では金属製となりますが、保険外(自費治療)では白いインレーも選択していただくことも可能です。

治療道具のイラスト

歯の神経を抜き、
被せ物で治療します

下線

歯の神経に達した虫歯のイラスト

C3

歯の神経(歯髄)に達した虫歯です。麻酔をして歯の神経を抜く必要が有ります。「強くしみる」「激痛」といった症状が現れますが、症状が強く出ず放置すると、歯髄が壊死して「根尖性歯周炎」と呼ばれる状態にまで進行してしまい、感染根管処置をいう治療が必要となります。

抜髄
(歯の神経を抜くこと)
について

局部麻酔をおこない、痛みがない状態で進めていきます。
神経が入っている空洞の内部や歯の根の中にある根管という管の内部から、神経・細菌を除去し、無菌状態を目指します。歯の神経を抜いた後は、根管治療という歯の根の治療を数回行い、最終的にはきれいになった根管の内部に密封するための材料を詰めていきます(根管充填)。
治療中に唾液が入りやすい場合などは、ラバーダムという、ゴムのシートをかぶせて、治療中に歯の内部が感染されないような処置を行う場合もあります。
神経を失った歯(失活歯)には、最終的に歯冠補綴というかぶせものをかぶせて治療を完了させます。

感染根管処置

虫歯が歯の神経に達した後、その状態で時間が経過すると、歯の根の先に感染病巣を形成した状態になります。根管内部は虫歯菌に感染している状態であるため、切削・洗浄・消毒などにより無菌的な状態を目指す必要があります。根管治療により、根管がきれいになった後は、根管充填を行い、その後の治療は抜髄の場合と同様、かぶせものを入れていきます。
原則として、歯の神経が生きているは(生活歯)に対して行います。保険治療では金属製となりますが、保険外(自費治療)では白いインレーも選択していただくことも可能です。

歯のイラスト

抜歯をして治療します

下線

歯の根だけが残っている状態のイラスト

C4

歯が崩壊した状態。多くは残根といい、歯の根だけが残っている状態となります。神経は完全に壊死しているため、痛みは強く現れないことが多いですが、歯みがきがし難くなるため、周囲の歯肉が炎症を起こして腫れや痛みが出る場合があります。さらに進行していくと、骨にまで炎症が広がり、顔面が腫れたり、全身的な炎症にも進行していく可能性があります。抜歯をして治療します。

抜歯について

歯の崩壊が著しい場合や、歯の根が折れてしまっている場合など、治療が不可能となった歯は早めに抜歯を行い、虫歯の感染源を除去していくことが大切です。このような状態の歯の多くは残根といい、歯の根だけが残っている状態であり、噛む機能を果たしていない場合が殆どです。抜歯をすることで歯が無くなった部位(欠損部位)に新たに人工の歯を作る治療が可能となります。

「虫歯治療は怖い」という方は
多くいらっしゃると思いますが、
むし歯は早期で治療できれば、歯を削る必要もなく、
痛みもありません。

しかし、初期虫歯は症状が無いため、ご自身で発見することができません。
初期虫歯を見逃さないためにも、
定期的にしろやま歯科で虫歯のチェックをおこないませんか?
お口に少しでも不安のある方は、
是非ご相談ください。

トップへ戻るボタン

診療時間
8:30 - 12:30
14:00 - 18:00

休診日:木曜・日曜・祝日
▲:休診の場合あり
ベビーカー・車いすのまま
ご来院いただけます。

岐阜県中津川市苗木字柳ノ木4900-8

ご予約はお電話で

0573-67-7777

ご予約はお電話で

0573-67-7777

ご予約はお電話で

0573-67-7777